名南M&Aの「医院承継」サポート

医師向けの開業支援は開業後のサポートが大事!

kaigyo_support_01.jpg

医師の新規開業や承継開業で開業支援サービスを利用する場合、開業までの準備はもちろん、開業後のサポートが充実したサービスを選ぶことが大切です。
そこで今回は医師向けの開業支援サービスの選び方について解説します。

医師の新規開業・承継開業は支援サービスを利用すべき

医師がクリニックを新規開業や承継開業をする場合、開業準備をすべて医師個人が一人で行うのはとても大変です。
医師がクリニックを開業する場合、例えば事前の診療圏調査や開業物件の調査だけをとってみても、個人で調査を行うことはかなり難しいだけではなく、膨大な時間がかかってきます。また、クリニックを開業するにあたってはかなり多くの手続きが必要となりますが、手続きの内容は開業地や諸官庁によって申請のタイミングが異なるため、きちんとしたスケジュール管理が必要です。
一般的に医師がクリニックを開業する場合、通常の勤務と並行して開業準備を進めることになるため、通常業務をこなしながら開業に必要な事前調査や手続きを進めていくのは、至難の業と言っても良いでしょう。スケジュール管理をしっかりしておかなければ、いつまでたっても開業ができないといった状況になってしまう可能性もあります。
医師の新規開業や承継開業は、クリニックのサポート実績が多い開業支援サービスを利用することで、開業前の事前調査や手続きだけでなく、開業後の経営に関するサポートも受けることができます。スムーズな開業ができることはもちろんですが、開業後も安心してクリニックの経営を行うことができるでしょう。
また、医師の開業支援は一般的な会社やお店などの開業とは異なり医療分野の専門知識が必要です。開業支援を行うコンサルティング会社は数多くありますが、開業支援サービスを選ぶときは、医師向けのクリニック開業支援に関する知識と実績が豊富なコンサルティング会社を選ぶようにしましょう。

医師向けの開業支援は開業後のサポートで選ぶべき

さまざまなコンサルティング会社が医師向けの開業支援サービスを提供しているため、何を基準にサービスを選べば良いか分からないという方もいるでしょう。
医師向けの開業支援サービスを選ぶときは、医療業界の専門知識があることはもちろんですが、開業後のサポートが充実しているかどうかを確認して選ぶことが大事です。
開業後のサポートが重要である理由としては、以下のようなことがあげられます。

医師向けの開業支援は開業後のサポートで選ぶべき

開業後の集患対策

医師のクリニック開業後に最大の課題となるのが集患です。
クリニックの集患対策としては、看板を利用する、ホームページを開設する、SNSやブログを活用する...などさまざまな方法がありますが、効率的に集患を行うためには、クリニックの診療科目や立地に適した方法で集患する必要があるため、看板を設置したり、ホームページを開設したりすれば必ずしも集患できるとは限りません。
開業支援サービスのなかには、適切な集患方法のアドバイスがもらえる場合もあるため、開業準備の段階からある程度の集患が見込めることで、安心して開業を進められるでしょう。

採用スタッフの教育

医師が新たにクリニックを開業する場合、クリニックの経営は医師一人では難しいため、必要なスタッフを新規採用しなければなりません。また、クリニックのコンセプトや理念に沿った経営を行うには、採用したスタッフの教育が不可欠です。
しかし、医師が診療やその他の手続きを行いながら、すべてのスタッフの教育まで行うのはとても大変です。開業支援サービスのなかには、開業後のスタッフ教育を任せられるところもあるため、積極的に活用していくことをおすすめします。
また、医師が他院を承継して開業する場合も、既存のスタッフと経営方針や診療方針などクリニックの経営に 関するすり合わせをするほか、密にコミュニケーションを図り、早期に信頼関係を築くことが重要です。承継によって既存スタッフが離れてしまうことがないよう、スタッフへの教育やサポートが充実した開業支援サービスを選ぶと良いでしょう。

開業後の経営管理

医師が新規開業や承継開業でクリニックを開業する場合、開業すればすぐにクリニックの経営が安定するわけではありません。クリニックの開業支援は、開業に必要な資金の調達よりも、むしろ開業後の経営管理のほうが重要だと言えます。
しかし、開業支援を行うすべてのコンサルティング会社が、開業後の経営サポートを行っているわけではありません。開業後のクリニックの経営に不安がある場合は、開業後の経営に関するサポートが充実しているコンサルティング会社を選ぶようにしましょう。

医師の承継開業支援は名南M&Aにご相談ください

医師の承継開業支援は名南M&Aにご相談ください。名南M&Aでは、医師が医療の質の向上に集中できるようにあらゆる課題の解決策をご提案いたします。

医師の承継開業支援は名南M&Aにご相談ください

事業承継支援20年にわたる実績

名南M&Aは、20年以上にわたり医療業界に特化したサービスを展開しており、全国約800件のクリニック経営の安定・成長をサポートしてきた実績とノウハウの蓄積があります。幅広いサービス提供やノウハウは、クライアントから非常に高い評価を得ています。

ワンストップの支援を実現

名南経営が提供するワンストップサービスは、「名南コンサルティングネットワーク」が一丸となった一枚岩の体制で医師の開業支援を行っています。担当アドバイザーが窓口となり、労務、法律、保険、不動産などの専門サービスを手がける同グループ内の各法人が一丸となって医師のクリニック開業をバックアップします。

地域密着型の承継支援

名南M&Aは東海・近畿圏を拠点に、地域に密着したコンサルティングサービスを展開しています。医院承継の支援はもちろんですが、開業後は経営の安定・成長に向けてグループ全体でサポートを行っていきます。

秘密厳守で安心

名南M&Aでは詳細資料提供にあたり、医院承継支援サービス開始後、秘密保持契約の締結を行っていただいています。案件の紹介から実行まで秘密厳守を徹底していますので、安心してご利用いただけます。

報酬体系が明瞭

医師向けの開業支援はサポート内容が多岐にわたるため、どれくらいの費用がかかるのか気になるという医師も多いでしょう。名南M&Aでは、報酬体系について明確なメニュー提示をさせていただいております。必要なサポート、不要なサポートがあればプランのカスタマイズも可能です。

開業後のサポートも充実

名南M&Aは全国800件の医療機関の業務サポートで培ったグループノウハウと、医業専門チームが一丸となり、クリニックの開業準備はもちろん、開業後も充実したサポート支援を行っております。
特に経営に関する実績は、税理士法人としての歴史、経験から得たノウハウがあります。開業後の安定したクリニックの経営に欠かせない「数字に強い」というのが名南の最大の特徴でもあり、強みです。クリニックの開業後の経営の安定・成長に向けてグループ全体で徹底的に医師のサポートのサポートを行います。
クリニックの新規開業や承継開業をご検討されている方は、こちらからぜひお気軽にお問合せください。

オススメ記事

医療法人の事業承継方法、手続きの流れについて

医療法人の事業承継方法、手続きの流れについて

医療法人の事業承継は、主に「親族への事業承継」「第三者への譲渡」「他の医療法人との合併」という3つの方法が用いられています。 そこで今回は、後継者がいないなどの理由で事業承継を検討している医療法人の方に向けて、医療法人の事業承継方法や手続きの流れについて紹介します。

0120-123-745 受付時間 平日9:00〜18:00 お問い合わせフォームへ